お引っ越ししました〜。
http://omatublog.blog.fc2.com/へお越しくださいませ。

2009年09月11日

今日の絵本

今日の絵本は『かいじゅうたちのいるところ』です。

かいじゅうたちのいるところ
かいじゅうたちのいるところ


ぽんぽこぴーが、幼稚園の頃から大好きな絵本です。


マックスはおおかみの着ぐるみを着ていたずらばかり。。。

お母さんに叱られてしまいます。
晩ご飯抜きで、寝室に閉じ込められます。

するとどうでしょう!

部屋はいつの間にか異世界に。。。

マックスは海を渡りかいじゅうたちのいる森へ着いてしまいます。

はじめは楽しくて満足していたマックスですが。。。。




童心に帰って、空想の世界を彷徨いたくなるような作品です。

大人も子どもの頃の空想を思い出して楽しめるかもしれませんね。

なんと今秋、長編映画化されるそうです。

できれば見に行きたいなあ〜。

でも、コチラでは上映されないかもしれないなあ。。。
田舎だもんでね。。。


posted by 雀のお松 at 20:20| 岡山 | Comment(2) | 絵本(あ・か・さ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういう絵本があるんですね
かいじゅうの住む世界
ちょっとこわいような。
子どもたちには楽しいせかいなのかな?
絵本って、大人がよんでも奥が深いものがおおいですよねえ。雀のお松さんの紹介していただいている絵本はおとなでも楽しめそうですね
Posted by ゆうまま at 2009年09月11日 22:14
>ゆうままさん
多分、子供たちには共感できる話だと思います。

ママに叱られる→凹む・反発の気持ち
空想にふける→自分の世界を楽しむ・落ち着く・現実から離れる
現実に帰る→やっぱりわが家・ママが好き!

どこのお子さんにも身近にある経験が、絵本の中で非日常として描かれている本です。
Posted by 雀のお松 at 2009年09月11日 23:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。