お引っ越ししました〜。
http://omatublog.blog.fc2.com/へお越しくださいませ。

2010年05月14日

7つの贈り物

本日は「7つの贈り物」の御紹介。

7つの贈り物 コレクターズ・エディション [DVD]
7つの贈り物 コレクターズ・エディション [DVD]

監督 ガブリエレ・ムッチーノ
脚本 グラント・ニーポート
出演者 ウィル・スミス、ロザリオ・ドーソン、ウディ・ハレルソン、
マイケル・エリー、バリー・ペッパー


自らをベン・と名乗る男(ウィル・スミス)が持つ名前のリスト。

全く見知らぬ無関係の者の名前。

一体何の為のリストで何をしようとするのか?


ベン・トーマスは、リストの中の盲眼のピアニストで肉のセールスマンのエズラ・ターナー(ウディ・ハレルソン)とグリーティング・カードの印刷業を営み、先天性の心臓病をもつエミリー・ポサ(ロザリオ・ドーソン)を調べ始める。

エズラはとても穏やかな人物、エミリーも一生懸命に生きようとする女性だった。


やがてベンはエミリーの犬の世話や庭の手入れをはじめ、エミリーとの距離は縮まっていく。。。


実は、ベンは弟の名をかたっていた。。。

彼は運転中に事故を起こし、婚約者と見知らぬ6人をを死なせてしまっていた。

事故の後、肺がんの弟には肺を、チャイルド・サービスで働くホリー(ジュディアン・エルダー)には肝臓を提供していたのだ。

その後もジュニア・ホッケー・チームのコーチであるジョージ(ビル・スミトロビッチ)にはじん臓を、男の子のニコラス(クインティン・ケリー)には骨髄を提供する。

また、ホリーに彼氏からDVを受ける女性コニー・テポス(エルピディア・カリーロ)と彼女の子ども達を紹介してもらい、男から逃がし自分が暮らしていた豪邸をプレゼントした。

ベン・トーマスは、7人の見知らぬ人間に親切に、そしてドナー提供をしようと考えていたのだった。

エミリーを大切に思い始め、エミリーも彼を必要と思い始めていた矢先、エミリーの病状は悪化して行く。。。。

そして、ベン・トーマスはある決断をし、計画を実行する。

************************

愛する人を自分の不注意でなくし、見知らぬ6人の命まで奪った罪悪感から、自らの全てを生きるにふさわしい7人に提供する。

それが本当に正しい選択なのかどうかは疑問ですが、その行動から生まれた新しい愛とその愛を大事にしたいと思う気持ち。。。。


いつまでも一緒にいたいと思うけれど、エミリーの命のためには自分の臓器提供がなくてはならない。

なんとも皮肉な話です。

その狭間でゆれるけれど、遂に自をはかるという決断をしてしまうベン。


人を愛する気持ちとその形。

いろいろなのですね。。。。切ないわ。。。
posted by 雀のお松 at 20:00| 岡山 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

最高の人生の見つけ方

本日は「最高の人生の見つけ方」のご紹介。

最高の人生の見つけ方 [DVD]
最高の人生の見つけ方 [DVD]

監督 ロブ・ライナー
脚本 ジャスティン・ザッカム
出演者 ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン


偶然、病院で同室となった二人の男。

一人は、カーター・チェンバーズ(モーガン・フリーマン)。
46年間、愛する家族のために自分の夢を諦め自動車整備士として働き続けた男。

一人は、エドワード・コール(ジャック・ニコルソン)。
幾度も結婚と離婚を繰り返し、企業買収に明け暮れてきた大金持ちの男。

まるで正反対の人生を歩んできた二人。病室で出会うまでは何の接点もなかったふたりの男。

この二人に残された命は6ヶ月。

カーターが大学時代受けた講義で知った「棺おけリスト」。自分の将来についてやりたいことを書くというもの。

カーターは残り少ない人生でやりたいことを書き連ねた。

しかし、所詮夢。。。。

メモしたものの、そのメモを捨ててしまう。しかしそれを目にしたエドワードは、自分もやりたいことを書き足してしまう。

そして共に、その夢を実現しようと行動を始める。

エドワードの財力でありとあらゆる夢を実現していく。

スカイダイビング。

年代物のレースカーでレースコースを走る。

アフリカの野生の動物を見物する。

高級レストランで食事をする。

涙が出るほど笑う。


リストに従って、棺おけリストを消化していく。。。

そして、これまで何の接点もなかった二人はわずかな間に無二の親友となっていく。

そして、カーターはエドワードが愛娘と絶縁状態にあることを知り、再会させようともくろむ。

しかしエドワードは怒り、喧嘩別れをしてしまう。


その後、カーターは倒れてしまう。

カーターを訪ねたエドワードにカーターは棺おけリストを最後まで実行して欲しいと願いを託した。。。

エドワードの娘と会う。。。。

人に親切にする。。。

エドワードは遺言となった棺おけリストをカーターの死後も実行する。

やがてエドワードにも最後のときがやってきた。


*************************

号泣でしたもうやだ〜(悲しい顔)

余命幾ばくもないと知った時、残りの人生をどう過ごすか?

考えさせられました。

まるで違った人生を歩んだ二人が、残りの人生をいかに生きるか模索しながら旅続ける様子は、前向きで軽やか。。。。

しかし、お互いの歩んだ人生をお互いに垣間見る中で、お互いに心境が変化していきます。

これまでの人生を後悔するのではなく、自分のために・また愛する人のために・大事な友のために進んでいく二人の姿に感動しました。
posted by 雀のお松 at 00:30| 岡山 ☀| Comment(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

フロム・ヘル

本日は「フロム・ヘル」の御紹介。

フロム・ヘル [Blu-ray]
フロム・ヘル [Blu-ray]

監督 アルバート・ヒューズ、アレン・ヒューズ
脚本 テリー・ヘイズ、ラファエル・イグレシアス
出演者 ジョニー・デップ 、ヘザー・グラハム

1888年のロンドンでは娼婦連続殺人事件が続発していた。

妻子をなくしアヘンに溺れながら無気力に生きていたアバーライン警部(ジョニーデップ)が、この残虐な事件の捜査にあたる事になった。

彼はアヘンで朦朧となる中、幻覚でこの殺害事件を見ていたのだった。

やがてアバーライン警部は、捜査の中でであった美しい娼婦メアリー(ヘザー・グラハム)と惹かれあうようになる。

その間も次々に娼婦が殺されてゆく。

やがて事件の真相には王家とフリーメイソンが関わっていることがわかり、メアリーとアバーライン警部にも危険が迫って行く。。。


**************************

こちらの作品、切り裂かれるシーンはなんともえぐい。。。

アバーラインの心の闇と再び人を愛する心。。。。見ているほうが苦しくなってくるんですよ。。。

愛する人のため別れを選び、最期はアヘンに溺れ独りで終焉を向かえちゃうんです。。。。

ジョニーデップ主演ですが、スリーピー・ホロウのイカボット捜査官とは全く違う役どころのアバーライン警部。

こちらのジョニーデップももちろん素敵。。。
本当に素晴らしい俳優さんだなと思います。

posted by 雀のお松 at 08:00| 岡山 | Comment(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

スリーピー・ホロウ

本日は「スリーピー・ホロウ」の御紹介です。

スリーピー・ホロウ <コレクタ-ズ・エディション> [DVD]
スリーピー・ホロウ <コレクタ-ズ・エディション> [DVD]

監督 ティム・バートン
脚本 アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー
出演者 ジョニー・デップ、クリスティーナ・リッチ


舞台は18世紀終わりのアメリカ。とある村で首無し死体が連続して発見されるという不可解な事件が発生する。

拷問による捜査に異議を唱え、科学捜査の重要性を訴えるニューヨークの捜査官イカボット・クレーン捜査官(ジョニー・デップ)が、この事件を解決すべく村に派遣される。

村人の有力者たちは、口をそろえてこの事件はただの殺人事件ではないという。

独立戦争の際に虐殺を繰り返した挙げ句、村の森の中で首をはねられて最期を遂げた首無し騎士(ヘッドレス・ホースマン)が首を求めて、村人の首を持ち帰るのだと信じる村人たち。

しかし、科学捜査で解明できない事件は無いと信じるイカボットは、首無し死体を解剖調査し女性の遺体には胎児がいたことを突き止める。


ところが。。。。

イカボットもヘッドレス・ホースマンに出くわしてしまう。

この事実に恐れおののくイカボットではあったが、このヘッドレス・ホースマンの殺戮を止めようと立ち上がる。

村の実力者バルタス・ヴァン・タッセルの娘カトリーナと、首なし騎士に父を殺された少年マスバスと共に捜査を続行する。

そして見えてきたものは。。。

金か?

憎悪か?

事件には数十年にわたるある陰謀でヘッドレス・ホースマンが操られていたのであった。

そしてやがて、イカボットにも危険が迫った。

*******************
ティムバートン監督の作品です。

首がはねられるシーンがドンドン出てきます。

血液がドバッとしぶきを上げます。

が、なぜだか恐怖という感じはあまりありませんでした。

ジョニーデップ扮するイカボットの3枚目な感じがまたいい。。。

ヘッドレス・ホースマンという非現実的な存在とそれを操る犯人は誰かという現実的な謎解き。

面白い作品でした。
posted by 雀のお松 at 08:00| 岡山 | Comment(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

フェイク

今日は「フェイク」の御紹介。


フェイク エクステンデッド・エディション (2枚組) [DVD]
フェイク エクステンデッド・エディション (2枚組) [DVD]

監督 マイク・ニューウェル
脚本 ポール・アタナシオ
出演者 アル・パチーノ、ジョニー・デップ

FBI捜査官がマフィア一家に6年間にわたる長い年月、潜入捜査したという実話に基づく映画。


FBI捜査官ジョー・ピストーネ(ジョニー・デップ)はマフィアグループと接触するため、宝石鑑定士ドニー・ブラスコと偽りマフィアグループの一員レフティー(アルパ・チーノ)に近づく。

レフティーの持ち込んだ宝石が偽物“フェイク”であることを見抜きレフティーに見込まれマフィア一家と親密になっていく。

FBI捜査官として捜査の成果を挙げていくジョー・ピストーネ。

また一方で、マフィアの一員の中でも力を持つようになっていく。遂にはレフティーをしのぐ立場へと登っていってしまう。

潜入捜査でレフティーと行動を共にする中、ジョー・ピストーネはドニーとしてレフティーとの信頼関係を築き上げてしまう。

FBI捜査官ジョー・ピストーネと偽マフィアドニーという存在に精神は追い詰められていく。

*********************

実在の人物を取り上げた作品が好きです。

マフィアの中で自分を偽り生きる緊張感。

1人のマフィアと築いてしまった信頼関係。

マフィアというフェイクの立場で生まれた信頼関係はフェイクではなかった。

何とも皮肉で切なさもある作品です。
posted by 雀のお松 at 14:00| 岡山 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。